2009年06月19日

和英順方式の英語学習

多くの人は学校で、英語→日本語の順で学ぶ方法に慣らされてきました。しかしこの方法は、じつはあまり効果がありません。

例えば、ある講演者が英語でスピーチして、そのあとに日本語の翻訳がついても、英語を聞き取れていない上に、そのあとに日本語で意味を聞いたときには、もう英語の文章を忘れてしまっています。英語は全く頭に残りません。

ところが、講演者が日本語でスピーチして、そのあとに英語の翻訳がつくと、それを聞いている人にとっては、(若干の英語力があるなら)じつは非常に英語の勉強になるのです。

それは、まず何を話しているのかが日本語で頭に入り、つぎに英語を聞くので、英語が聞き取りやすくなるからです。また聞き取れれば、それが頭に入るからです。

そのため、この教材では日本語→英語の順になっています。これが絶大な効果をもたらすことは、少しでもやってみれば、すぐわかります。

>>体験者の声・詳細はこちら
ラベル:映画 英語教育
posted by isi at 20:18| 英語学習 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

英語学習は映画で!

聞き流すだけの英語学習教材は色々ありますが、1押しはこれ!

聞き流すだけで英語をマスター:ローマの休日(DVD+CD3枚+教本)【聞き流すだけで英語をマスター】

左耳で日本語を聞き、意味とイメージで右脳に働きかけ、次に右耳から英語を聞いてそれを左脳でとらえて、左脳言語中枢を刺激して英語の発音やフレーズを同時に頭に焼き付けます。

右脳から左脳という大脳生理学的にみて、理想的な語学学習法です

ラベル:映画 英語学習
posted by isi at 01:28| 英語学習 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[PR] SEO対策みテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。